パワーストーン・ヒーリングストーンの神秘

水晶 Quartz  水晶のブレスレットについて

水晶ブレスレットについて

水晶ブレスレットのタイプ

水晶ブレスレットの失敗しない選び方

水晶ブレスレットのQ&A

水晶ブレスレットの浄化

水晶ブレスレットのパワーチャージ

水晶ブレスレットの保管

水晶のブレスレット

水晶のブレスレット

水晶のブレスレットは、原石にはない柔軟性の高い水晶パワーを持っている。

水晶の原石はパワーが強く常時身に付けて置けないものもあるのに対して、水晶のブレスレット用に加工されている丸い玉からカット玉までいつでも身につけて水晶のパワーを感じることができる。

水晶のブレスレットの丸玉

水晶ブレスレットの丸だまは中心に穴が開いている。当然そこに紐やゴムを通して腕に付けるための穴である。この穴が開いているために原石にはない柔軟性があるのかもしれない。

水晶は協調性を持つ習性があり、ほかの石のパワーを増幅する。エネルギーの伝達がスムーズに行われ、水晶自体が知識を有する石のため、隣にくる石のパワーを高めてくれ、調和を図ってくれる。

水晶ブレスレットの丸玉は、大小の大きさにかかわらずエネルギーを伝達する。エネルギーの質は多少変わってくるが、腕につけて導きを得るのには小さくても十分である。

水晶は基本的にどの色石と組み合わせても差支えがない。
調和しパワーを高めてくれる水晶があるからである。
しかし、数多くの水晶の中から調和する水晶を見つけれないと水晶とほかのパワーストーンを組み合わせたときに不調和がおきる。

調和しほかの石を高めてくれる水晶など水晶のタイプを見極め、探すことができるのがクリスタルに精通する人の眼力かもしれない。

水晶のブレスレットの彫り物

賛否両論である。水晶のブレスレットに象徴的な彫り物を施しているものがある。これを身につけるときは、自分の性質にあったものを身につけるようにする。

火のような情熱をもった人が龍の彫り物だと龍は水の神様である。情熱をそのまま上昇させることもできるだろうが、スピリッツが通わなければ、情熱を消し去ってしまうこともある。
なんでもそうだが、心が通わなければパワーストーンとして守り、慈しんではくれない。

水晶に彫ってある象徴的な図柄はそのまま象徴的な作用を及ぼす。水晶のパワーと共鳴し、もつ人に影響を与える。普通の水晶ブレスレットを身につけるよりよっぽど大切にし、心を通わせ象徴に頼ることなく、成長していくことが必要となる。賛否両論である彫り物をした水晶ブレスレットのパワーの善悪は、あくまでも身につける人のこころがけひとつではないだろうか?

サイトポリシー | プライバシーポリシー |サイトマップ | お問い合わせについて |
©2006 スピリチュアル ヒーリングとボディーセラピーのヒーリングルーム KOUNO チャクラやオーラなどの情報も充実しています 
パワーストーン ブレスレット・原石などの販売ヒーリングショップ クリスタル
  このページの情報の著作権及び知的所有権は放棄していません。 無断転載・転写・コピー・転送等は禁じます